読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想

の感想、という話。映画感想を書くときに、感想だけを書くのは実は簡単で、あれが良かった、これがダメだった、演出がどうのこうの、俳優が良かった、音楽が良かった、などなど描こうと思ったらいくらでもいける。脈絡とか考えないとさらに楽。思いつくままに徒然と、というやつ。これにあとがきをつけようと思うと難易度はぐっと上がる。映画を一度反芻して分解して再構築しないといけないからね。なかなか気力を要するのである。というわけで、このブログでこれから多分感想も置くことになると思うけど、感想だけを載せていたら楽をしてるなこいつ、と思ってください。

あ、これまでの作法に則るだけじゃ成長というものがない、と思われるのも癪なので、今年はちょっと違った形式の感想も載せて起きたい。どういうものになるのかは秘密(考えていない)乞うご期待。