読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体のかたい猫の話

体のかたい猫は伸びができません。高いところからも降りられません。だから高いところにはのぼりません。関節技にも弱いです。でも猫に関節技をかける人はいません。狭いところには入れません。広間でのびのび四肢を伸ばしますがそれでもちょっと窮屈そうです。お友達の猫、これは普通の猫で柔軟性に富んでます、と一緒に散歩するときも、くっついていくのはとても難しい。だからお友達の猫は体のかたい猫に合わせてゆっくり歩いてくれます。体のかたい猫には子供がいます。子供たちはみな体が柔らかいです。体のかたい猫は、体の柔らかい子猫たちの枕になって一緒に休みます。夢の中では海月となって水中を漂います。心は柔軟なので。